トップページ » 部門のご案内 » MSW(患者サポート相談室)

部門のご案内 - MSW(患者サポート相談室)

方針

 患者様が安心して今後の生活に向けての準備ができるようにお手伝いしてまいります。

特色・専門

 患者サポート相談室では、心配ごとの相談をお受けするために2名の医療ソーシャルワーカーがおります。いずれも社会福祉士有資格者で、社会福祉の専門職として、患者様、ご家族と一緒に病気のことや生活のことを考えますのでお気軽にご相談ください。

相談内容 - 患者サポート相談室 Q&A


Q.
どんなときに相談すればいいの?
A.

たとえばこんなとき・・・

  • これからのことが不安、話を聞いてもらいたい。
  • 医療費、生活費などの経済的なことが心配。
  • 家族や仕事のことで悩んでいる。
  • 退院後の生活は、どうしたらよいのか相談したい。
  • 考えを整理したい。
Q.
相談の費用はかかるの?
A.

原則、無料です。

(入院中の患者様で、退院支援計画を立てさせていただいた場合には費用がかかる場合がございますが、患者様へ直接負担がかかることはございません。)

Q.
入院中か通院中でないと相談にのってもらえないの?
A.

全く制限はございません。

(入院中の患者様で退院支援計画を立てさせていただいた場合には費用がかかる場合がございますが患者様へ直接負担がかかることはございません)

Q.
相談した内容を絶対に他の人に知られたくないのですが…
A.

ご安心下さい。お聞きした内容は秘密を守ります。

もしその内容が他職種や他機関との連携が不可欠と判断される場合は、必ず御本人の同意を得て必要最小限の情報を提供いたします。

Q.
どんなことを教えてもらえるの?
A.

どんなことでもご相談に乗ります。

困ったことがあればとりあえず医療ソーシャルワーカーにおたずね下さい。
主な援助例を挙げてみました。

  • ○ 住環境整備や介護問題
  • ○ 医療費のお支払いなど経済的な問題
  • ○ 高額療養費支給、重度心身障害(児)者医療証などの医療保険の説明
  • ○ 労災保険制度の説明
  • ○ 身体障害者手帳などの障害者福祉の制度説明・申請手続きの支援
  • ○ 更生医療などの制度説明・申請手続きの支援
  • ○ 生活保護、各種年金の受給の相談・援助
  • ○ 介護保険などの高齢者福祉の制度説明・申請手続きの支援
  • ○ 入院患者様の在宅療養、転院などの退院支援
  • ○ その他、困り事なんでも
Q.
相談する時にはどうすればいいの?
A.

直接、患者サポート相談室にお越し下って結構です。

入院中の患者様やご家族様で相談室までいらっしゃることが困難な場合はお部屋まで伺います。
主治医や担当看護師にお申し出ください。

業務時間・お問合せ

業務時間

月曜日~金曜日 午前8時30分~午後4時30分まで

(土・日・祝祭日と年末年始など病院が休みの時は相談室もお休みです)

お問合せ

患者サポート相談室

岡山労災病院代表電話

TEL : 086-262-0131
 (病院代表電話からの取り次ぎになります)

相談室直通ファックス

FAX : 086-262-2903

自己紹介

内田 邦子

末永 邦子
資格
社会福祉士
メッセージ
相談されたらすぐに対応するよう心がけています。まだまだ未熟者ですがお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

和田 友美

資格
社会福祉士・介護支援専門員
メッセージ
どんな小さなお困り事でも一緒に考えていきたいと思っています。気軽にお声かけ下さい。

坂屋 澄子

資格
社会福祉士
メッセージ