診療科のご案内 - 眼科

方針

総合病院の眼科として、他科との緊密な連携を行いながら、眼科全般を幅広く診療しています。

特色・専門

白内障手術は「入院」と「日帰り」のいずれにも対応しています。

増加傾向にある糖尿病網膜症に対して、内科専門医と協力しながら光凝固術、硝子体手術による治療に力を入れています。

診療内容

写真1
写真2

 当院では主に視力の維持や、低下した視力の回復を目的とした診療を行っています。一旦低下した視力を回復することが可能な病気もあれば、一度低下した視力は回復困難な病気もあります。

 前者の代表が白内障で、図1のように非常に進行していても、手術によって図2のようにきれいに回復することが可能です。手術は局所麻酔で行い、肉体的な負担は殆どありません。

 手術は、入院を基本としていますが、患者様の状態やご都合により日帰り手術も可能です。

 ご希望の方は外来受診時に御相談下さい。

 次に後者の代表が、緑内障や糖尿病網膜症です。これらの病気は早期に診断をして、早期からの厳重な治療が大切です。緑内障は初期には自覚症状が有りません。早期発見のために、中高年の方は一度は眼圧の検査をお受けになることをお勧めします。

 また糖尿病網膜症は当院の糖尿病内科との緊密な連携をしながら、時期に応じた治療を行っています。

 この他の病気に対しても、当科では患者様の眼の健康を守る為に努力をしております。眼に対して不安なことがおありでしたら、是非一度御相談下さい。

図1 : 白内障

図1 : 白内障

図2 : 白内障術後

図2 : 白内障術後

施設認定

  • 日本眼科学会専門医制度認定研修施設

医師紹介

写真3

主な疾患の紹介

治療成績・手術件数(平成24年度)

写真4
白内障手術 約303件
硝子体手術 17件
網膜光凝固術 38件
後発白内障手術 85件
虹彩光凝固術 9件