診療科のご案内 - 皮膚科

方針

エビデンスに基づいた標準的治療を行います。
他施設、他科との連携を大事にして診療を行います。

特色・専門

皮膚科一般

診療内容

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹などの皮膚アレルギー性疾患、とびひ(伝染性膿痂疹)や蜂窩織炎(下腿に多い、痛み、発赤、腫脹を伴う)などの一般細菌感染症、水虫などの真菌(かび)感染症、帯状疱疹(ピリピリとした痛みを伴い、帯状に水疱があらわれる)、尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)などのウイルス感染症などの一般的で頻度の高い疾患の診断・治療を行います。皮膚腫瘍の診断および、主に形成外科との連携の上、治療に関わります。ナローバンドUVB、エキシマライトといった紫外線治療機器も有しており、乾癬やアトピー性皮膚炎などに対して治療をおこなっております。また、近年、乾癬に対して用いることが可能となった、生物学的製剤による治療にも取り組んでおります。

皮膚科診察室

皮膚科診察室(1診)
天窓採光だけで十分な照明効果が得られます(実際の診察時には天井の蛍光灯も使用しています)。ターゲット型UVB照射装置を設置しています。

施設認定

全身型ナローバンドUVB照射装置

皮膚科診察室(2診)
全身型ナローバンドUVB照射装置を設置しています。

日本皮膚科学会認定研修施設
日本皮膚科学会認定生物学的製剤承認施設

主な疾患の紹介

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎(かぶれ)、蕁麻疹(ジンマシン)、 ニキビ、 ヘルペス、蜂窩織炎、丹毒、とびひ、白癬(水虫・たむしなど)、イボ・ミズイボ、 日光角化症、乾癬、 天疱瘡・類天疱瘡(水疱症)、薬疹など

医師紹介

白藤 宜紀

白藤 宜紀

平成年卒

職位
皮膚科部長
専門分野
皮膚科全般
資格
日本皮膚科学会専門医
  
診察日
月・水・木・金(午前)
火(午後)予約制
患者様へメッセージ
皮膚科診療の要となれるよう努力いたします。