診療科のご案内 - 内科

方針

 岡南地区の拠点として地域の医療機関と密接な連携をとり、専門性の高い医療を提供します。

特色・専門(センター)

 当院の内科は血液、糖尿病代謝の領域を中心に取り扱い、それぞれ専門医が担当します。

血液疾患は最新の診断技術と臨床成績に基づいた治療方針を徹底しています。岡山大学と連携し、移植医療も積極的に行っています。糖尿病はコメディカルや他科スタッフとのチーム医療を推進し、治療のみならず発症予防も含めた診療を展開しています。


糖尿病センター

診療内容

血液内科

 岡山南部地区の血液疾患の治療拠点として、白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器悪性疾患のみならず、各種貧血・血小板減少などの良性疾患にも対応しています。自家末梢血幹細胞移植術を併用した大量化学療法を継続して行っています。

糖尿病内科

 看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、歯科衛生士などのコメディカルや、眼科医、形成外科医など院内他科スタッフと糖尿病療養チームを組み、チーム医療を実践しています。外来での治療が主ですが、クリニカルパスによる2週間の糖尿病教育入院や糖尿病教室、院内外での勉強会にも力を入れています。昨今メタボリックシンドロームが話題になっていますが、治療のみならず発症予防も含めた診療を展開していきます。

当センターが雑誌「外来看護」第15巻第3号 に掲載されました

施設認定

  • 日本内科学会教育病院
  • 日本プライマリケア学会認定医研修施設
  • 日本血液学会認定研修施設
  • 日本アレルギー学会認定教育施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

医師紹介

主な疾患の紹介

進行期びまん性大細胞型リンパ腫全生存率

進行期びまん性大細胞型リンパ腫全生存率のグラフ