病院データ

マッチングへの参加状況
参加
指定基準
基幹型

研修協力施設名:慈圭病院、岡南産婦人科医院、山陽病院、中谷外科病院、あけぼのクリニック、こうなんクリニック、岡山西大寺病院、玉野三井病院、岡山光南病院
診療の特徴、実績 当院は被災労働者に対する早期治療・早期社会復帰を目的に昭和30年に開設された。

その後、患者数の増加など地域の医療需要に対応すべく診療体制の整備を図り、現在では358床を有する総合病院となっている。

職業性疾病の予防と治療、高齢化する勤労者の健康管理と職場適応等の問題に積極的に取り組むとともに、二次救急を含め地域の中核病院としての責務を果たしている。

救急医療の提供の実績

医療計画上の位置づけ
二次
救急専用診療室の有無
有り
救急医療を行う診療科 全科
患者数 救急外来患者 23.5名(30年度実績・1日平均)
救急車搬送患者数 7.3名(30年度実績・1日平均)

教育体制

研修管理委員長名
および役職
内科部長(院長補佐)
矢野 朋文
研修プログラム
下記の「研修プログラム」をご覧ください。
臨床病理研究会(CPC)の
実施状況
※30年度実績 回数 : 5 / 剖検数 : 7件
図書室
有り
インターネット利用環境
利用可 : 利用可能場所 (図書室)・各机
学会、研究会への参加費用支給
有り

現在の研修状況と進路

研修医の主な出身大学 岡山大学、山口大学、高知医科大学、宮崎大学、川崎医科大学、関西医科大学、徳島大学、産業医科大学、大阪医科大学、北里大学、金沢医科大学、東海大学、帝京大学、琉球大学、東邦大学、大阪医科大学
研修終了後の進路
岡山大学病院、国立病院岡山医療センター、高知県立安芸病院、岡山大学大学院、福山循環器病院、中町日赤病院、九州大学医学部附属病院、新小倉病院、岡山市立市民病院、愛媛県立中央病院、香川労災病院、尾道市立市民病院、旭川莊療育センター、国立国際医療センター、岡山済生会病院、広島市立広島市民病院、産業医科大学病院、岡山赤十字病院、東京慈恵会医科大学付属病院、福岡新水巻病院、岡山協立病院、慈圭病院、神戸赤十字病院、倉敷中央病院、松山赤十字病院

卒後臨床研修プログラム(令和2年度)

募集人数

6名

研修プログラム責任者名
および役職
内科部長(院長補佐)
矢野 朋文

年間スケジュール

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
一年次 内科 救急 選択必修(2科目)
二年次 地域医療 将来専門とする診療科を中心に関連の診療科での研修 選択科目

☆救急は麻酔1ヶ月必須 ☆精神科1ヶ月必須

募集要項

募集人員
6名(病院全体で募集する数)
募集する初期卒後
臨床研修コース
岡山ろうさい病院卒業後臨床研修プログラム
勤務時間
8:15~17:00
研修医当直
月平均 3~4回程度(当直手当て 有り)
応募資格
  1. 1.令和2年3月医学部卒業見込者または医学部卒業者
  2. 2.医師国家試験既合格者及び平成31年3月医師国家試験受験予定者で、当院での2年間の初期臨床研修を希望し、医師臨床研修マッチング協議会が行うマッチングに参加する者
応募書類
  1. 1. 研修医願書 (本院所定の様式)
  2. 2. 履歴書 (市販のもので可、写真貼付)
  3. 3. 卒業(見込)証明書
  4. 4. 健康診断書
堤出期限 第1回目 令和元年7月23日(火)必着
第2回目 令和元年8月2日(金)必着
第3回目 令和元年8月13日(火)必着
第4回目 選考日決定後、本人に直接お伝えします。
選考日時 第1回目 令和元年7月30日(火)
第2回目 令和元年8月10日(土)
第3回目 令和元年8月20日(火) 
第4回目 随時       
選考方法 筆記試験(小論文含む)、書類、面接審査
選考結果
応募者全員に結果を通知する。
採用時期 令和2年4月1日付けで採用予定。
郵送先及び問い合わせ先 〒702-8055 岡山市南区築港緑町1-10-25
岡山ろうさい病院 総務課 藤原
TEL : 086-262-0131 
FAX : 086-262-3391
E-mail : shomu2@okayamah.johas.go.jp

処遇

研修手当
一年次 約480,000円
二年次 約520,000円
(給与は月額、税・諸手当込み)住居手当27,000円有
※当直手当てあり
※当直月4回とした場合の一年次の手取り額 約430,000円/月
休暇
年次有給休暇10日間(労働基準法に基づき付与)
社会保険、労働保険
  • 公的医療保険 有
  • 公的年金保険 有
  • 国家・地方公務員災害補償法の適応 無
  • 労働者災害補償保険 有
医師賠償責任保険の扱い
  • 病院自体の加入 有
  • 個人加入 任意
宿舎 有(単身用)
宿舎費:9,500円~16,000円前後/月
病院敷地内及び病院から約700m(徒歩約5分)
※受験時には宿舎の見学はできません。病院見学の際には可能です。
→病院見学申し込みはこちら
その他 食事:病院内の職員食堂が利用できる(有料)
被服貸与
研究費年間12万円配布

メッセージ

三好 新一郎 院長

 岡山ろうさい病院は、人々が健康で快適に働けるよう、働く人とそれを支える方々の健康と福祉のために、力を注いでいます。診療科は21科あり、それぞれの診療科は特色を持ったレベルの高い診療を行っており、特に本院の得意分野である、アスベスト疾患などを扱う呼吸器、循環器、糖尿病、消化器病、整形外科領域の人工関節、腰痛、そして脳卒中などの診療科の枠を超えた8センターで専門的な医療を行っています。ことに外科、整形外科分野では、低侵襲で治療する内視鏡手術を多数実績しています。

 また、地域医療支援病院の指定を受け、今年は新基準での日本医療機能評価機構の認定病院となり、地域の中核病院として発展を続けています。

 研修医の指導は、本院が重点的に取り組んでいることであり、マンツーマン指導のもとで研修医の自主的な研修プログラムを採用するなど新しい試みを進めています。充実した初期研修を行うところとしては、病院の規模が適切であり、病院が一体となっている診療体制が実施されており、特色のある優れた指導医が多い本院は、意欲のある多くの研修医の、医師として最も重要な最初の研修を行う病院としてふさわしいと考えます。多くの応募を期待しています。
 

矢野 朋文 内科

   出身大学 
岡山大学
   卒業年  平成2年
   出身地  愛媛県
   趣味   映画鑑賞


 
柔軟な思考と広い好奇心を持った研修医に選んでほしい。


 岡山ろうさい病院は岡山市南区~玉野市を主な医療圏とする地域の中心的な急性期病院です。患者を統合的・継続的な視点から診ることを重要視し、急性期治療ばかりでなく地域密着型施設との連携を十分に学ぶことができます。中規模病院ならではの一体感で、内科に限らず他科とも"顔の見える連携"があり、病院全体で研修医を育てる文化があります。


 また、アスベスト関連疾患研究センターをはじめとして呼吸器領域における研究体制が充実しており、リサーチマインドの形成には大変適した環境と言えます。このプログラムに則った内科専門研修を経て、幅広い診療能力と問題解決能力をベースに、チーム医療、地域医療のリーダーとして職務を遂行する力を身につけます。


 百聞は一見にしかず。ぜひ一度見学にいらしてください。

石崎 雅浩 外科 

   出身大学 
徳島大学
   卒業年  昭和62年
   出身地  広島県福山市
   趣味   猫と遊ぶこと

大切な研修医時代を我々とともに!


 これからの長い医師としての人生のスタートの2年間、初期研修医としてのこの期間は、まさしくかけがえのない時です。どの病院で、どんな先生の下で、どんな他の研修医の先生と日々を過ごしたか、またどんな医療スタッフがいたかなど、どれだけ年をとってもまたどんなに偉くなった先生でも覚えているものです。 その2年間は皆さんの医師としての生活の大きな土台、糧となることでしょう。
 
 その大事な2年間を有意義なものとできるように、私たち指導医は知っていることを教えるだけではなく、一緒に悩み、また研修医の先生たちからもいろんなアイデアを出してもらいながら、患者さんの"治りたい"を応援できるように頑張っていきたいと思っています。

 当院の指導医はみなフレンドリーで、各科の垣根も低くいろんな科の先生に気軽に相談できます。ぜひ若い熱意で、いろんな患者さんの治療に携わるのみならず、どんどん自分のキャリアを進めていってもらいたいと思います。我々はそんな君たちを全力で応援します。

 さあ、一緒にやっていこう!

研修医からのコメント

今西 謙太郎

今西謙太郎

志望理由
 病院実習で訪れた際の雰囲気、多くの症例、手技を学べる研修内容に魅力を感じたからです。

実際に研修した感想
 毎週、胃カメラ、エコーなどをやらせていただいているので、手技が早く身に付きます。当院の内科研修では、救急で見た症例をそのまま退院まで担当するため、ローテートしている診療科に限らず幅広い症例に常に触れることができます。日々楽しく成長できていると感じます。

志学生に一言
 ぜひ一度見学に来てみてください。




事前にお問合せやご相談事項がございましたら、お気軽にメールにて内容をご送信ください。
※お急ぎの方は、TEL 086-262-0131(代表)まで、お電話も受け付けております。(平日9:00-18:00)

メールでの
お問い合わせは
こちら