診療科・センター

循環器病センター

診療内容と特色

 生活様式の変化と、高齢化社会を背景に循環器病疾患の有病率は増加し、わが国の死亡原因の40%を心臓病、脳血管障害などが占めるにいたっています。当センターでは心不全、致死性不整脈、虚血性心疾患などあらゆる循環器疾患に対して積極的な治療に取り組みます。特に虚血性心疾患においては、早期に診断を下し、早期に治療を開始することが予後の改善にとって重要な課題であり、さらに心筋梗塞においてはすみやかな治療・インターベンションが重要です。これらの緊急の循環器疾患に対して24時間体制で総合的な医療を実践します。