診療科・センター

整形外科

概要

 岡山労災病院の整形外科チームには総勢12名の整形外科医が所属しています。皆様もご存知のように、岡山労災病院は昭和30年に開院した岡山南区に位置する大きな公的総合病院です。21の診療科と358床のベッド数を有しており、岡山市南区だけでなく、玉野市、早島町、瀬戸内市の患者を広く受け入れています。

 特記すべきことは、岡山市の救急医療が北区の病院に集中している現状で、南区で積極的に救急患者を受け入れている唯一の総合病院であるということです。

 病院には救急センターだけでなく、人工関節センターと脊椎脊髄センターも併設されています。整形外科のスタッフは、外傷・救急チーム、人工関節チーム、脊椎チーム、上肢チームに分かれて日々の診療を行っています。

人工関節チーム

 当院の人工関節センターは、難波医師が開設し、二代目センター長の壺内貢医師を経て、現在三代目センター長、遠藤裕介医師に引き継がれており、さらに手術件数は飛躍的に増加しています。人工関節では岡山県の同門の施設の中で、岡山県内でトップ3の手術件数(250例以上)を誇っています。

 
人工関節1
人工関節2
人工関節3

骨折、救急チーム

 依光正則医師を中心として外傷・救急チームが日夜、活躍しており、1600例を超える年間の手術件数の約半数をこなしています。救急車の受け入れは南区ではもちろん1位ですが、岡山市内でもトップ3に位置しています。

骨折、救急1
骨折、救急2
骨折、救急3

脊椎チーム

 脊椎・脊髄センターは、西日本で始めてのO-arm 2なる術中CT、脊柱変形手術に特化したフルカーボン手術台、本邦初のコンピューター制御の機械など最新の施設を備えています。高齢者脊椎骨折の骨セメント治療は岡山県内ではトップで、側弯症や腫瘍などの難易度の高い手術を含め年間約500件行っており、脊椎手術総数は県内で1.2位を争う件数です。

上肢チーム

手の外科チームは橋詰謙三医師を中心として外傷だけでなく、内視鏡下肩板修復術、人工肩肘関節置換術、内視鏡下手術など幅広い上肢の手術を扱っています。

上肢1
上肢2
上肢3